日々雑感 日本企業の企業買収

 近年の日本企業のM&Aは失敗続きで減損を計上する企業が増えており、経済産業省は企業買収に関する研究会を作るようです。しかし、そもそも研究会など作らなくとも自社の経営資源すら有効活用できていない日本企業が企業買収に失敗するのは当然のことです。

 企業買収は時価にプレミアムをつけて買い、それを上回るリターンを出さなければ成功したとは言えません。企業買収は買うだけなら簡単ですが、プレミアムを超過するリターンを出すのは至難の業で、プレミアムを付けて買うぶん通常の経営よりハードルが高いのです。そして現状の日本企業は株価が純資産を下回る企業が半数近くあり、自社の経営資源すら有効活用できない状態で企業買収においてプレミアムをつけて買った以上のリターンを出すことなどできないでしょう。しかも日本企業は自分が買収対象になったときは株式持合で逃げまわってきたくせに、自分が買収する側になった時だけ都合よく成功するわけがありません。

 現状の日本企業は海外企業買収をする前にまず国内での買収・再編を通じて資本を有効活用できていない企業・経営者を淘汰すべきです。国内できちんとした競争をしていないのに、海外市場で戦えるほど世界の競争は甘くありません。国内での非効率な経営を放置したまま海外企業の買収を行ってもうまくいくわけがないのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パラケルスズ

Author:パラケルスズ
アラサーの投資家です。長期で持つほど気長ではありませんが、毎日モニターを凝視するデイトレも面倒くさいので、レバレッジをきかせつつ2、3週間保持するトレードを行っています。

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる