日々雑感 円は安全資産ではない

 先日北朝鮮がミサイルを発射したという情報が流れて一時的に円高が進みました。こうした円高に対して安全資産だから円が買われると説明されることが多いですが、安全資産と円高は何の関係もありません。

 日本のような内需の弱い国は景気が良くなると海外への投資が増えて円が売られて外貨を買うため円安になり、アメリカのような内需の強い国は景気が良くなると外から入ってくる投資が増えるためドルが買われてドル高になります。一方、景気が悪くなると日本のような内需の弱い国は海外への投資が減って一部の海外資産を売って国内に戻すため円高になり、内需の強い国は海外からの投資が入ってこなくなるため通貨安になります。日本のような内需の弱い国は、景気が良くなると通貨安になり景気が悪くなると通貨が買われるという景気と国内通貨の逆相関が生じるのです。

 そして多くのファンドはこうした景気と国内通貨の逆相関をモデルに組み込んでプログラム売買を行っているため、今回の北朝鮮のミサイル発射のように日本経済に悪影響を与える情報が入ると機械的に円が買われて株が売られることになります。日本経済に悪材料のニュースが出て円高になるのは安全資産だからではなく、もともと日本のような内需の弱い国は景気と国内通貨の逆相関が生じ、その相関関係を組み込んだファンドのプログラム売買が短期的な円高を引き起こすのです。安全資産として買われると言えるのは今のところ金くらいで、円が安全資産だから買われるというわけではないのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パラケルスズ

Author:パラケルスズ
アラサーの投資家です。長期で持つほど気長ではありませんが、毎日モニターを凝視するデイトレも面倒くさいので、レバレッジをきかせつつ2、3週間保持するトレードを行っています。

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる