日々雑感 消費者向けのヒット商品に特別な技術はいらない

 日本では世界で日本の家電が売れなくなって技術、技術とうるさく言うようになりました。しかし、そもそも量販店で売るような消費者向けの製品に特別な技術は必要ありません。

 量販店で売るような製品はメーカーがいちから技術開発を行ってもヒット商品になるかは別問題で、むしろ技術開発を行う企業とそれを売れるものに変える企業の分業体制を作るほうがヒット商品が出やすくなります。アップルは自前の技術にはこだわらず必要な技術を外部調達し、製品設計、デザイン、ソフトウエアなどで差別化しています。また、ユニクロのヒートテックは技術は東レなどから外部調達しており、ユニクロは商品企画力、販売力で差別化しているのです。

 消費者向けのヒット商品を生むのに必要なのは自前の技術にこだわることではなく、必要な技術は外部調達して売れるものに変える商品企画力や販売力です。にもかかわらず技術、技術と言っているだけならこれからも日本から世界に売れるヒット商品は出てこないのではないかと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パラケルスズ

Author:パラケルスズ
アラサーの投資家です。長期で持つほど気長ではありませんが、毎日モニターを凝視するデイトレも面倒くさいので、レバレッジをきかせつつ2、3週間保持するトレードを行っています。

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる