FC2ブログ

今週の見通し

 目先の株価は底を打ったように見えますが、今週はパウエル発言、欧州議会選挙などイベントがあるのでまだ乱高下は続くように思います。ただ、今月からはじまる下落トレンドは長引いても月末くらいまでで、夏にかけて再び上昇すると考えています。
スポンサーサイト

日々雑感 今期の決算

 今週で今期の決算発表のピークが過ぎました。日本企業の一株当たり利益は前期に1720程度だったものが1780程度にまで上がっており、若干日本企業の業績は改善しています。個別の企業では日産が業績悪化で減配を発表し、半導体関連も業績悪化している企業が多いものの、全体としては悪くありません。マクロ指標では経済悪化を示す指標が増えているもの、ミクロの業績はそこまで悪化していないというのが日本の現状です。

 今月は米中の貿易摩擦で株価が急落しましたが、日本企業の業績を見る限りここからさらに昨年の安値を下回って株価が下落することはないように思います。むしろ一株当たり利益が来期も増えるのであれば、夏くらいにもう一段の株価上昇があってもおかしくありません。また、トランプ大統領は選挙対策として株価を気にしているようで、アメリカ株がさらに急落するなら中国に対する強硬策をいったん緩める可能性があります。今年に限っては日米の株価ともにまだ長期の上昇トレンドが終わったわけではないように思います。

ポジション追加

 日本株はまだ調整が続きそうなので日経225を21270で売りました。想定通り下落トレンドに入れば1週間程度保持する予定です、

 また、今月に仮想通貨が急上昇しましたが、そろそろ天井のようなので一部を残して利確しています。

週末雑感

 昨日のアメリカ株は上昇して終わっており、今月の株価下落はあくまで長期上昇トレンドのなかの調整にすぎないようです。ただ、このまま上昇するというよりは、月末にかけてもう一波乱あってもおかしくないと思います。

日々雑感 シリコンサイクルは低下するが、半導体指数は高値更新

 2016年ころから昨年まで半導体価格が上昇し、なかでもメモリ価格が急騰してメモリバブルが起きました。そしてDRAMを作るSKハイニクス、マイクロンなどの営業利益率は50%を超えていましたが、昨年後半からメモリバブルは崩壊してDRAM価格が下落し、サムソン電子などの業績も軒並み悪化しています。

 しかし、半導体価格は下がっていてもアメリカの半導体関連の指数であるSOX指数は今年に入って急上昇し、昨年高値を抜きました。5G普及で半導体が売れることを市場が織り込んでいるのかもしれませんが、業績に反映されるのは当分先でしょうし、現在の上昇は先走りしすぎです。おそらく政策期待でアメリカ株が上昇し、それに連れて上昇してきたのでしょう。現在は貿易懸念で下がっていますが、政策期待が続く限りまた上昇しそうです。

 ただ、いくらなんでもシリコンサイクルを無視した上昇は続かないと思うので、遅くとも今年の後半くらいからは本格的な下落トレンドに入ると考えています。
プロフィール

パラケルスズ

Author:パラケルスズ
30代の投資家です。平常時はスイング中心で暴落時に長期投資を行います。

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる