今週の見通し

 今日の日経平均は上昇して始まっています。今週はフランス大統領選挙の結果、日銀政策決定会合、トランプ減税発表、アメリカの政府閉鎖期限と上にも下にも大きく動きやすいイベントが続きます。個人的には2週間程度のトレンドを取るのであればイベントが終わってからでもじゅうぶん間に合うという考え方なので、今週はあせって売買はしない予定です。
スポンサーサイト

日々雑感 日本郵政の減損

 報道によると日本郵政が2015年に買収したオーストラリアの物流会社の業績が悪化したことで減損を検討しているようです。ここ数年日本企業は明らかに割高なところで海外企業買収を行いましたが、そのツケが減損という形で出始めています。

 日本企業の海外企業買収が活発化したのは1980年代のバブル期でしたが、明らかな高値つかみをして大失敗に終わりました。そして不良債権処理が終わった後に再び海外企業買収を活発化したのですが、バブル期の失敗を全く反省しておらず高値買いを続けてきました。その結果、去年の初めにキリンがブラジル事業、東芝が原子力事業ですでに数千億の減損を計上しており、今年に入って日本郵政も海外物流事業で減損を計上することになりそうです。そもそも日本企業は収益力が低く、国内でさえ稼げないのに海外企業を再生させて企業価値を向上させることなどできるわけがありません。しかも日本企業は収益性が低くても国内の株主総会で株主から逃げ回るばかりでまともな説明もせず、責任も取ってきませんでした。このような状況で海外企業買収が上手くいくはずもなく、株式持ち合いの馴れ合い経営を放置してきたツケが巨額減損として現れ始めていると言えるでしょう。

 そして状況次第では日本企業の減損が加速する可能性があります。トランプ政権誕生から金利が上昇してきましたが、この金利上昇が今後も続けば買収した企業の価値が下がって減損を計上する企業がさらに増えることになります。日本企業の目先の業績はまだ改善するかもしれませんが、近いうちに減損計上を連発することになるのではないかと思います。

日々雑感 政治リスクと現状の金融市場

 今週末にフランスで大統領選挙があり、極右と極左が台頭しています。メディアでは極右のルペンが勝てば世界経済に悪影響を与えるといった趣旨の記事が多いようですが、左派が勝ったところで経済が良くなるかは疑問です。週明けの市場がどう反応するかはわかりませんが、仮にフランス大統領選挙で大きな混乱がなかったとしても政治リスクがなくなるわけではありません。

 アメリカではトランプ大統領が議会ともめており、このままだと予算成立が困難となって政府閉鎖になる可能性があります。もちろん実際に政府閉鎖になる可能性は極めて低いのですが、政府閉鎖の期限となる4月28日まで市場がリスクを嫌って乱高下する可能性はあります。ただ、今月末まで続く政治リスクはあくまで一時的なもので、イベントが過ぎれば株価が上昇トレンドに戻るのではないかと予想しています。

今週の見通し

 今日の日経平均は下落して始まっています。ドル/円が110円を割ってから円高が加速していますが、目先はもう少しこのトレンドが続くかと思います。ここからは戻りがあれば売り、戻ることなく急落が続くのであれば月末あたりに買い場探しをする予定です。

日々雑感 東芝は上場維持に固執しても意味はない

 東芝が監査意見なしで決算を発表したことで非難されているようですが、監査法人が意見を表明しないことはたまにあります。過去にも監査意見なしの決算を出して上場を維持したケースはありますし、今回の東芝の件ですぐに上場廃止ということにはなりません。ただ、監査意見なしで決算を発表する企業は仕手株にオモチャにされるようなボロ企業がほとんどで、東芝のようにそれなりに世間的に評価の高い企業が監査意見なしで決算を発表することはこれまでありません。

 現在の東芝の経営陣はとにかく上場維持を目的に動いているようですが、ここまで八方ふさがりなのであれば法的整理をするしかないのではないかと思います。日本航空のようにいったん破綻しても優秀な経営者を呼んで業績が改善すればすぐに再上場できますし、上場維持が目的となって内輪で経営者を出し続けたところで赤字の垂れ流しが続くだけでしょう。東芝の場合は国策で原子力事業を行ったという側面もあるので、まず国や官僚が原子力事業の後始末を行うべきです。そして東芝は法的整理を行って不良資産や過剰債務の後始末をしてから再出発すれば何の問題もないのではないかと思います。

プロフィール

パラケルスズ

Author:パラケルスズ
アラサーの投資家です。長期で持つほど気長ではありませんが、毎日モニターを凝視するデイトレも面倒くさいので、レバレッジをきかせつつ2、3週間保持するトレードを行っています。

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる